【Design】

Illustratorを自分だけの武器にしましょう【デザイナー以外もおススメ】 

【Design】

こんにちは、saikaです。

このブログではこれまでアドビ株式会社(Adobe)が提供するアプリケーションソフト「Illustrator(イラストレーター)「Photoshop(フォトショップ)」等を紹介してきました。

 

画像編集やレイアウトデザイン・動画編集・web等、媒体に応じたソフトが数多く存在し、これらクリエイティブには欠かせないツールとなっています。

 

なかなか専門性が高いソフトなので、ソフトをインストールしてもすぐに使いこなせるわけではありません。現に私も学生時代から毎日使い続け、少しずつ覚えてきました。

 

これらソフトはクリエイターの方々を中心に利用されていますが、デザイン制作だけでなく資料に挿入する素材制作や画像編集等、習得しておけば幅広く活用出来ます。

 

例えば、日頃はデスクワークだけどデザインとは関係の無い職種の方。
こうした方は習得しているだけで資料の質が上がるだけでなく独自のスキルとしてポジションを確立できます。

 

 

私自身もデザイナー職から現在は一般企業に転職しましたが、この経験からデザイン業務に携わっています。
特に「Illustrator」は大げさでも無く、人生に大きな影響を与えてくれました。
本当に覚えて良かったと思います。

 

※実際に私の体験談が過去記事にあるのでご紹介します。記事はこちら

 

とはいえ、興味はあってもなかなか最初の一歩を踏み出すのに躊躇する人も多いと思います。

 

  • 今更はじめても遅いのでは…と不安
  • お金がかかるから手を出しにくい
  • 興味はあるけどデザインとは関係ない職に就いている

 

こういった思いの方に、これからお話することが少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 



【著者の経歴】
専門学校でデザイン専修後、印刷会社でDTPデザイナーとして勤務(9年間)
▶一部上場企業メーカーの広報部門に転職
・前職の経験が評価され、これまで外注していたデザイン制作を専任
・2020年より新たなプロジェクトとして動画編集業務にも携わる
・その他、コーポレートサイト管理も兼任

Illustrator等のソフトを習得する方法



具体的に習得する方法について、簡単に以下が挙げられます。

  • 自主制作(独学)
  • デザイン系の会社へ就職
  • 身近な人に教えてもらう
  • スクールに通う

一つ一つ解説していきます。

自主制作(独学)


独学は始めるのは簡単ですがやってみるとなかなかハードルが高いです。
ソフトの教本を読みながら進めていても、どこか我流のやり方になってしまいそのまま続いてしまうパターンが生じるからです。

本当はもっと効率的なやり方があるのに、非効率なやり方で進んでしまう。
しかし自分自身はそれに気づいていない。

といった状況になる可能性が高いからです。

 

自主的にどんどん改善を意識していけるならいいです。
ですが、現実はなかなか思ったようにはいきません。

 

それでも独学で腕を上げるには、種類の違うものを作る。そしてとにかく数をこなすことが一番の近道だと思います。

 

種類というのは媒体を指します。
名刺やチラシ・リーフレットやロゴデザイン等、サイズからコンセプトまで異なる種類の題材を自分で作ることです。
決まった仕様のものばかりではなかなか幅が広がらないので、身の回りのコンテンツをすべて自分で作り上げるくらいの気持ちでいくことが必要です。

 

また、教材は基礎の基礎から学べる本がオススメです。

 

私は高校時代にデザインにはじめて触れてから、母親の働くラーメン屋のチラシやメニュー等のデザインをしました。

 

そこで店長に気に入ってもらい、新しいメニューが出るたびにデザインを頼まれるようになって嬉しかった気持ちは今でも忘れません。

 

※当時のギャラは店長特製のチャーハン(特盛)。人生で一番美味しいチャーハンでした。

デザイン系の会社へ就職


その道の環境に身を置くことが腕を上げるには一番です。
ですが、当然ながら職業の幅を狭めてしまいます。

 

私自身はこのパターンではありますが、そこからの一般企業というのは基本的には例外です。

 

デザイン系に進むのはその道に進むことが一番の夢だったでしょうし、残業等もハードです。
決して給料の良い業界とはいえませんし、好きでなければ続けるのは難しいです。

 

仕事選びは人生を左右します。
慎重に考えましょう。

身近な人に教えてもらう

やはり人に教わることが一番現実的です。
(身近に教えてくれる存在がいることが前提となりますが)

 

デザイン業界に就職し先輩に教わるのであればいいですが、なかなか業界が違うと習得者は見つかりません。

 

昔と違い、今ではSNSの普及もあります。
信頼のおける人であれば自分なりの師匠を探すのも一つの手かもしれません。

 

スクールに通う



私はデザイナー時代、就業後にはスクールにも通ってソフトの操作を覚えていました。

 

当時、ソフトはサブスクリプションではなく買い切りでしたが高額です。
トータルで考えた結果、業務外で各種ソフトを使う環境を持ちつつ技術を学ぶにはスクールに通うのが一番コストパフォーマンスが最適と判断しました。

 

当時は早く一人前になりたい気持ちが強く、がむしゃらでした。
今でも通って良かったと思います。

 

最近ではデジタルでこのようなオンライン学習もあります。
通信講座デジタルハリウッドのAdobeマスター講座というものです。

 

一年間という期限付きではありますが、通常通り購入する場合と比べてソフト代が半額程度で済む上に、ソフトも60時間の講義で学習出来るという点ではコストパフォーマンスが優れていると思います。
サイトはこちら

 

私が駆け出しデザイナーの頃にもあれば良かったのに…と思いますが、そんなことばかり言ってもしょうがないですね。



今更はじめるのは遅い?


「興味はあるけど、今から覚えても遅いかな…」

私の周りではこういった声をよく聞きますが、全然そんなことはありません。

 

なぜなら一般企業で使用することを想定すると、少しでも習得している人と全く未経験の人では雲泥の差があります。

 

よりクオリティの高い制作物や、デザインを本職とする方は当然高いスキルが求められます。
ですが一般的なオフィスワークにおいては【少し使える】だけでも重宝されます。

 

周りの人は未経験なので、はじめる前の自分同様に周りは「何か難しそう」といったイメージを抱いているからです。

 

やってみればそんな大した作業ではないことも、「この人にしか出来ない作業」といった印象を持ってもらうことが出来ます。(そもそも他の社員の方はIllustrator等のソフト自体持っていませんからね。)

 

ロゴデザインでもレイアウトデザイン(DTP)でもイラストでもいいので、まずは自分なりに興味のあるコンテンツからどんどん作っていけばそれが気づけば自分の武器になっています。

 

正直にお話すると私は絵心があまり無いので、レイアウトデザインを武器にこれまでやってきました。

 

あれもこれもいきなりエキスパートにはなれませんし、時間がかかりますよね。
まずはそれぞれを60%程度でいいから習得し、その中で自分に合うものをより伸ばして100%に近づけるようにすると良いと思います。

 

プランをしっかり決めて費用を少しでも抑える



単体プランとコンプリートプランはどちらが良い?


もちろん、これらソフトを利用するにはお金もかかります。
10年以上前はパッケージ版が10万円前後する高額なソフトでしたので、なかなか簡単には手を出しにくいものでした。

 

2012年から「Adobe Creative Cloud」というサブスクリプション方式(定額利用サービス)へ切り替わり、月々のランニングコストは980~数千円となりました。※ソフトの種類や本数によって変動します。

 

Illustrator等は単体プランで月2,480円(税別)です。
20以上のソフトがセットになったコンプリート版は5,680円(税別)となっています。

 

コンプリート版はIllustratorの他に画像編集のPhotoshop、レイアウト編集のIndesign、動画編集のPremiere Pro等の各コンテンツにおける主要ソフトが搭載されているのでオススメです。

 

「Illustratorだけを購入!ほかは興味無し!不要!」、という人以外はコンプリート版が絶対オトクです。

 

無料でお試し(7日間)も出来るので、興味があったら手を出しやすくなっていますので購入する前に実際に操作してみるのも良いと思います。

費用を少しでも抑えるために

私のように既に経験者だったり使用経験のある人は、会社に交渉して購入してもらうのをオススメします。
本業で使用する機会があれば、グイグイ覚えます。
やはり実践に勝るものはないですね。

 

とはいえ、これからはじめる人は会社で購入してもらうのもなかなか難しいと思います。
そこでオススメするのは次の2点です。

 

Illustrator単体プランのみ購入

少しでも費用を抑えるなら、まずはIllustrator単体プランだけでも購入するのをオススメします。

 

画像編集は基本的な補正等は「GIMP」等のフリーソフトでも何とかなりますが、Illustratorは代わりとなるフリーソフトがありません。

 

また、素材だけでなくレイアウトの最終形を作るソフトでもあることから最低限Illustratorだけはマストで導入するべきです。


オンライン講座の受講

もう一つは先述の講座受講です。

 

ソフトが1年間、定価の半額で使える上に講座も受講できるというのは魅力的です。

 

講座を受講して基礎を学びつつ、独自でデザイン制作に励むと1年後の自分は大きく変わっています。

 

その段階まで行けば一般企業では十分なくらい上級クラスです。
もう立派な武器となっています。

 

本気で学びたい、という人はこういうルートも検討すると良いと思います。
サイトはこちら

 

おわりに:自分だけの武器を身に着けポジションの確立を



長くなりましたが、Illustratorをはじめとしたソフトのはじめ方についてお話をさせて頂きました。

 

こういったスキルは誰もがやっているものではないからこそ、自分だけの武器になるチャンスです。

 

どこから上級者でどこから初心者というのは、千差万別です。
だからこそ抵抗は持たず、自らの武器にして今の環境においてのポジション確立に繋げましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました