ビジネスホテルを選ぶポイント【ここだけはおさえておきたい】

【Work】

こんにちは、saikaです。

 

仕事柄、月に2回程度の頻度で北海道から主に東京へ出張をしています。

2019年度は計30回以上、飛行機に乗りました。

関連記事:飛行機をスムーズに乗るコツ【はじめての旅行・出張】

 

1回の出張では1~2泊するケースが多いです。

そうなると悩むのが【宿泊先】です。

 

ビジネスホテルを予約するために「じゃらん」「楽天トラベル」等の旅行情報サイトを見ていても、自分にとって良いホテルを見つけるのはなかなか難しいですよね。

じゃらんnet

 

しかし、長時間での移動に加えて慣れない土地での仕事だと疲れも溜まります。

ホテルくらいはゆっくり自分の時間を過ごして癒されたいです。

 

そこでこれまでの経験からビジネスホテル選びのポイントについてお話したいと思います。

主観的な意見もありますが、少しでも参考になれば嬉しいです。



ビジネスホテルの選び方

私なりのビジネスホテルを選ぶポイントは次の通りです。

①翌日の目的地へのアクセス
②館内・部屋の清潔感
③大浴場の有無
④宿泊費
⑤ポイント

一つずつお話しします。

翌日の目的地へのアクセス

出張時の宿泊先は翌日の最初の目的地へのアクセスを基準に考えます。

 

理想を言えばホテルから目的地までは【徒歩圏内】の位置がベストです。

この【徒歩圏内】というのは個人的には約20分以内(2km程度)が許容範囲です。

 

徒歩圏内に無く、電車移動を前提とした場所のビジネスホテルを選ぶとしても【乗り継ぎ無し】で行ける路線が良いです。

 

この【乗り継ぎ無し】というのが重要です。

1本で行けるのであれば路線内で少し遠い駅でも十分候補としちゃいます。

駅D▶駅C▶駅B▶駅A(最寄り駅)目的地

 

上のような場合は最寄り駅の駅Aが理想ですが、場合によっては駅Dも候補にします。

電車に乗ってしまえば数駅程度なら数分~十数分の違いですし、中心部から離れた駅から乗ると座れる確率も上がります。

 

なので私はいつもこういった順で探して比較します。

①徒歩圏内のホテル→②最寄り駅のホテル→③最寄り駅路線内のホテル

清潔感

個人的に最も重視しているポイントは【清潔感】です。

 

部屋に入って窓のサッシ周りや床にホコリが溜まっていたり、お風呂や洗面所等の水周りがカビていたりすると最悪です。

潔癖症では無いですが、部屋内を裸足で過ごすのも嫌になります。

 

なので旅行情報サイトのレビュー・口コミを参考にします。

例えば清潔感の評価が【5段階評価で4.2以上】を目安にしていれば大体ハズレはありません。

※3.5以下は要注意です。

 

主観的な意見となってしまいますが、旅行情報サイトやホテル公式サイトに載っている部屋や施設の写真は基本的に信用していません。

何年も前の写真だったり、角度や光の加減でキレイに(広く)見えたりしていることが多いからです。

実際に泊まった人がブログやレビュー等で撮影・掲載している写真を参考にしています。

大浴場の有無

これは好みが別れますが、私は大浴場や温泉が大好きです。

 

ビジネスホテルの部屋にあるお風呂はユニットバスが大半です。

狭いし水があちこちに飛び散るのが気になってしまいます。

 

初めて利用したビジネスホテルが運悪く水回りが汚いと利用をためらってしまいます。

広い浴槽で足を伸ばし、ゆっくりと疲れを癒やしてから部屋でリラックスするのが理想的ですね。

宿泊費

同じ宿でも公式サイトや予約サイト等、予約するルートによって値段は異なります。

 

予約手続きを進める前に一旦、比較した方がお得に泊まれる場合があります。

会社で宿泊費を出してくれるとしても、経費削減を意識しましょう。

ポイント

Pontaポイントを利用している方はじゃらん、楽天ポイントを利用している方は楽天トラベルで予約をするとそれぞれ宿泊料に応じてポイントが貯まります。

自分の生活スタイルに併せてこうしたポイントもお得に活用するのがオススメです。



まとめ:されどビジネスホテル

私の周りではビジネスホテル選びにはあまりこだわらない人が多い印象です。

確かにプライベートな旅行での旅館や観光ホテル選びとは熱の入り方は違うかもしれません。

 

それでも、仕事とはいえせっかくの遠方訪問です。

自分だけの空間を満喫するためにも、しっかりと選んで良い時間を過ごしていきたいですね。

 

これからビジネスホテル選びをする人に少しでも役に立てたら嬉しいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました