【Work】

【後悔談有】美大を出なきゃデザイナーになれない?【学歴不問の落とし穴】

【Work】

 

こんにちは、saikaです。
 

悩む人
悩む人
・デザイン系の仕事に就きたいです。
・学費も払えないので、専門学校でデザイン系の学部に進もうと考えています。
・美大と比べて、専門学校では不利でしょうか?

 

こうした質問にお答えします。

 

ー私の経歴ー
専門学校卒業後にデザイナーを9年経験し、上場企業へ転職。
現在は広報部にてデザイン・Web・動画製作を担当しております。

 



美大を出なきゃデザイナーになれない?


まず結論からいうと美大を出なくてもデザイナーになることは可能です。

 

「学歴は関係なく、誰でもなれる」と言われるのは本当でしょう。
しかし、一見良いことのように思えますがここが落とし穴です。

 

まず前提として、忘れてはいけないのがデザイナーも会社員ということです。

 

企業組織の中に所属し、毎月決められたお給料をもらっている。
仕事内容はデザインですが、広く言えばサラリーマンの一人です。

 

となると、どうなるか。
会社員である以上、他の職業と何ら変わりません。

 

学校の知名度は会社知名度に比例します。
そしてそれはお給料にも比例します。
下位の美大や専門学校ではデザイナーだけでなく、一般就職も不利になります。
(もちろん、すべての人がそうとは限りませんが)

 

有名大学を出て、大きな会社に入るのと、
有名美大を出て、大きな会社のデザイナーとして入る。
もうほとんど一緒です。

 

将来苦労しないためにも、良い解釈ばかりは要注意ということだけお伝えしたいです。

 

そもそも美大(特に名門)であれば、基礎力が格段に違います。
入学までに美大予備校へ通うこともほぼ必須です。

 

そうした中で徹底的に基礎力を学んでからの4年間を経験するのと、なんとなくで行く2年間。
学生時代から社会に出てからも、その差は広がる一方です。

 

~ここで黒歴史を一つ~
デザイナーとして就職した20歳の頃。

「普通のサラリーマンなんてつまらないぜ!」と言い続けていた私。
念願の「デザイナー」という肩書きに調子に乗っていました。

ある時、最寄りのレンタルショップにて会員登録する機会が。
私は何の疑問も持たずに【職業】の欄に「デザイナー」と書いていました。

完全に調子に乗っていますね。
タイムマシンで過去に戻れるなら「会社員と書け!」とお説教です。

現状から取るべき行動

 

ネガティブな内容になってしまいました。
とはいえ悪いことばかり考える必要もありません。

 

私自身は専門学校を経て、デザイナーになりました。
ですがデザイナーとして入社した会社は規模としては小さく、給料面で苦しい毎日でした。
この時点では結構絶望に近い状況と精神状態です。

 

ですが、その後のリカバリーにて転職に成功することが出来ました。
その時にしたことは主に次のことです。

 

徹底的にスキルの叩き直し

 

初心、忘れるべからず。
ではないですが、デザイン以外に仕事をしたことが無い自分にとって、
他の仕事をしようにも何も思いつきません。

 

なのでゼロのものを無理に伸ばすよりは、少しでも人より秀でているスキルを伸ばすことにしました。
結果的にはこの決断は間違っていなかったと思います。

 

今の会社は辞めたい。
けど、デザインには携わりたい。

 

と思っているなら、諦めずに自分のデザインを伸ばしていってください。
少しでもポートレートを充実させることが大事です。

 

こういった講座もオススメです。
通信講座デジタルハリウッドのAdobeマスター講座

一年間という期限付きではありますが、通常通り購入する場合と比べてソフト代が半額程度で済む上に、ソフトも60時間の講義で学習出来るという点ではコストパフォーマンスが優れていると思います。

デザイナーではなく、デザイン系の職種で転職活動

 

就職時にはデザイナー職だけでなく、少し範囲を広げて探しました。
(企業の広報や企画、総務業等々。)

 

一見関係のなさそうな求人にも「パンフレット」「ホームページ」等、
希望の分野に関連するワードが転がっていることがあるからです。

 

実際に今の会社に応募する際、書かれていた内容の一部です。
・Illustrator経験1~3年以上
・パンフレット制作等を担当(原稿作成等)
・専門的知識を用いてデザイン会社、印刷会社等と打合せが可能な方

 

当時は現役デザイナーだったので、
「印刷会社との打合せどころか、自分で作れます!」
といった感じでアピールでした。

 

(今では当初の予定には無いくらい、自分で色々作らせてもらっています。)

 

とはいえ無数にある求人をしらみつぶしに探すのは大変です。
転職サービスだと、希望した条件で探してくれるのでまずは無料の範囲で利用するのもオススメです。

 





この2つはDODA(パーソルキャリア)と就職Shop(リクルート)です。
大きな会社だと利用も安心ですね。

 

【まとめ】楽な仕事なんて無い


私はデザイナーになるにあたり、専門学校を選びました。
もちろん意欲はありましたが、学校への入りやすさもどこか頭の中であったと思います。

 

「学歴なんて関係ない」「誰でもなれる」

 

なんて言葉に踊らされている自分もいました。
結局その場を楽するための甘い種です。

 

ですが、選んだ道を悔やむよりは今何が出来るかを考えることが大事だと思います。
継続と向上・改善を繰り返しが結果的に力となり、結果に繋がると信じています。

 

一度切りの人生を楽しむためにも、どんどん行動していきましょう。
私自身へのメッセージでもあります。

 

みなさんに負けないように、私もがんばります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました