【資格は必要?】デザインを仕事にする

【Work】

saikaです。

以前の記事でも書いたとおり、前職は印刷会社でDTPデザイナーをしておりました。

【DTPとは?】

DTPとは、Desk Top Publishing(デスクトップパブリッシング)の略です。

いわゆる「机上での出版」を意味し、パソコンでデザインデータを作成して、
実際に印刷物を作成することを言います。

横文字を使う割に実態は地味なものです。

そんなDTPでは主にIllustrator(イラストレーター)と呼ばれる、
Adobe社のソフトを用いてデザインデータを作成します。

※他にも画像編集のPhotoshop(フォトショップ)、
 動画編集のPremiere(プレミア)等ありますが割愛

ポスターやパンフレット、小さなものだと名刺なんかをデザインしていました。

当時、インターンで来た学生さんなんかによく聞かれたのは、
「デザイン系の仕事就くために資格は必要ですか?」
といった質問でした。

私なりの意見ですがここで語らせてもらおうと思います。

【とりあえず結論】デザインの仕事に資格は必要?

デザインに関する資格は色々あります。

IllustratorをはじめとしたDTP検定やカラーコーディネーター等、分野も多彩です。

これらはステータスとしても自信を持って履歴書に書けると思います。

しかしながらデザイン関係の就職に必須かと考えた場合、
私は結論から言うと「不要」と考えます。

もちろん、あるにこしたことはないですが、
絶対資格がなきゃデザインの仕事に就けないということは無いということです。

学生時代の就職活動、そして転職活動時、
いずれも当時はデザイン会社からの内定を数社もらっていました。

当時の私はワープロ検定やシステムアドミニストレータの資格は持ってましたが、
デザインに関する資格は全く持っていませんでした。

もう少し掘り下げます。

【面接時間は有限】優先すべきもの

新卒、転職といずれの面接においても、
重視されたのは作品ファイル(ポートレート)でした。

それもワンパターンではなく、色々な媒体だと尚良いです。
例えばポスター等ばかりではなく、文章テキストの多い雑誌や
新聞風のレイアウト作品等を織り交ぜたり。

ファイルの中で「こういう案件も作れますよ」アピールした方が、
この人材は使いやすそうだという印象を与えると思います。

偏ったモノ作りは、それしか出来ないと思われる可能性があるので注意です。

デザイナーはアーティストでは無いから、
ニーズに応えたものを作ってはじめてデザインでお金をもらえます。

なので、優先すべきは作品ファイルの充実、
それも媒体(ジャンル)のバリエーションを増やすことと考えます。

面接時間は限られてます。

でも言葉で語りきれなかった部分は、作品が語ってくれます。

一般企業を受けるならやっぱり資格はあった方がいい?

さっきまでの話を全否定するようですが、
DTPデザイナーから今の一般企業に転職する際は逆に資格に助けられました。

先述のシステムアドミニストレータをはじめとした資格が面接官の
印象アップに繋がり、まさしく「持っててよかった」状態。

とんだ手のひら返しです。

一応作品ファイルも持ってましたが、そもそも一般企業ではデザイン案件は
外注が多いので、少しIllustrator等が使えるだけで重宝されます。

一般企業に入ってもまだデザインをするとは転職前は思わなかったので、
人生何があるかわかりませんね。

【結局のところ】資格の必要性

なんだかどっちつかずに感じてしまうかもしれませんが、私は

「資格は不要だった」
「資格があって良かった」

の両方を経験しました。

なのでこれから就職、転職する方は、
アピールする対象のツボ(響くポイント)を見極めることを
常に意識するといいと思います。

・自分が面接官だったら
・自分が部下を雇うなら

客観的に考えニーズに応えた人材になっていくことが近道になりそうですね。

私もそのあたりの【具体性】を意識して、私も今後の人生に励みたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました