【Life】

人生を後悔しないように、20代の内にやっておきたい5つのこと

【Life】

こんにちは、saikaです。

 

  • 「もっと若い時に勉強していたら良かった」
  • 「しっかり貯金しておけば良かった」
  • 「夢ばかり追わず現実を見ておくべきだった」
  •  

    大人になるにつれ、こんなことを考えたりしませんか?

     

    20代で就職したかと思えば、あっという間に30代突入。
    家庭を持ち、子供も生まれれば目まぐるしく過ぎる毎日に
    あっという間に年齢を重ねているように感じます。

     

    いい会社に入って可愛い子供も生まれ、自分は幸せだと思います。
    ですが「あの時、ああしていれば」といった後悔が全く無いかと思えば少し嘘になります。

     

    実際に自分の人生を振り返り、【20代のうちにやっておきたいこと】を書いていきたいと思います。

     

    これからの20~30代に突入する方々に、少しでも参考になれれば嬉しいです。



    20代のうちにやっておきたいこと

    勉強


    デジタル化が進む現代ですが、大人になっても意外と字を書く場面はあります。

    「勉強しておかないと将来苦労するよ」
    子供の頃に親に言われたセリフベスト3に入ると思います。

    いい大学に入っておけば、将来の就職に有利なことは言わずもがなです。
    学歴社会であることは否定できません。

    しかし、ここでいう「勉強」とはただテキストを学んで、
    試験で良い点数を取ることだけではありません。

    答えがわからない

    どうしたら解けるか考える

    解ける方法を調べる

    調べた方法を実践する

    解けるまで繰り返す

    このステップは社会に出た時の「課題解決力」につながると思います。

    例えば仕事で資料作りを頼まれた場合、
    そこに曖昧な内容が含まれていると当然上司からツッコミが入ります。

    自分で作った資料なのに「そこはわかりません」なんて言うわけにはいきませんよね。

    物事に常に疑問を持ち、
    曖昧な点をクリアにする癖を持てば資料の質は上がります。

    こうした習慣というものは、
    学生時代の勉強から蓄積されて形成されます。

    曖昧な点は曖昧なままにせず、
    はっきりとした答えを出すための勉強習慣を見に付けておくと将来的に便利です。

    習字

  • 結婚式に呼ばれた時の来場者名簿
  • 退職する人への寄せ書き
  • 席を外している上司へのTEL取次メモ
  • 冠婚葬祭の封筒
  • ホワイトボードの行動予定表
  • 極論を言えば「読めれば良い」というのは確かですが、
    字が綺麗なだけでその人が周りから受ける印象というものは変わります。

    字が上手いだけで人からの印象が良くなるなら、
    上手いにこしたことはありません。

    通信学習でボールペン字講座等が多いのも納得です。

    親孝行


    わかっていてもなかなか出来ないのが親孝行ですよね。
    とはいえ私もまだまだ不十分です。

    親はいつでも元気とは限りません。
    気づけば自分が子供の頃の、当時の親の年齢に近づいているものです。
    親になってはじめて気持ちがわかるというのも納得です。

    親に先立たれた場合、後悔しても取り戻せません。
    社会に出たら、まずは親への感謝を伝えるのが本当の大人への第一歩です。

    旅行


    近年はコロナの影響でなかなか旅行もままならないですが、
    コロナが終息したら旅をオススメします。

    旅行代理店で用意されたパックも良いですが、
    個人的には車やバイク・自転車等で見知らぬ土地を泊まるのが良いと思います。

    見知らぬ土地や文化、人に触れ、多少不便ながらも現地調達しつつ乗り越える旅は
    若く、一人の時にしかなかなか経験できないものです。

    パソコンやスマートフォン・SNSから離れて過ごす時間を設けてみると、
    心のデトックスを感じます。

    イベント企画・リーダー

    ささいなこと・人数でも良いので、
    自分で主催者となってイベントを開催する経験を積むことは大事です。

    これによって得るものは「段取り力」です。

    イベントの内容・必要性に応じて物品や会場予約等の手配やタイムスケジュールの設定等、
    イチからフィニッシュまでの一連の流れを全て自分でやることで段取りをする能力が鍛えられます。

    社会に出て案件を任された時に、
    スタートからゴールまでのスケジューリングを段取りよくこなすための素地になります。



    20代のうちに出来なかったらおしまい?


    ここで挙げたのはいずれも若い20代のうちからどんどん経験しておきたいことです。
    ですが、なかなか出来なかったこともあると思います。

    既に30代になってしまってもう取り戻せないか?
    そんなことは無いと思います。

    人生の経験において、0か1の違いは1と2の違いよりも大きいと思います。
    「あの時こうしておけばよかった」ことの大半は今からでも間に合います。

    例えば今30歳だとして、
    60歳の自分からタイムスリップしたと考えればプラス30年の猶予が出来ます。
    30年あれば何でも出来ます。

    「もう●歳になってしまった」ではなく
    「まだ●歳だ!やれる!」

    といった気持ちでいけば人生、良い方向に繋がっていけると信じています。

    最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました